<< いぬのきもち :: MAIN :: 極楽から地獄行き? >>

親思う心に勝る親心

子供が親を思いやる気持ちより、親が子を思う気持ちの方が大きいという意味のことわざです。納得です。
最近はお互いを思いやらない事件が多すぎます。
私が小さい頃から自分の子供に手をかける親はいたけど、記憶にあるのは戸籍上の親。血の繋がらない子供に愛情を持って接することが出来ず・・・というのばかりだったはず。

どうして自分で産んだ自分の子供を殺めたり出来るんでしょうか?
子供を産んだことも育てたこともありませんが、2匹のワンコを含む家族との生活で無償の愛というものを知っているのでこういう事件には吐き気がします。ヘドが出るというやつです[:ぐったり:]

鈴香被告。彼女は子供の頃に描いていた自分の将来と現実とのギャップがありすぎたんでしょうか?それを全部彩香ちゃんのせいに?
ギャップを感じているのは自分だけだとでも?
みんなそうなのにね。自分は幸せだと感じることが爪の先ほどでもあるだけでは頑張っては行けないのでしょうか?

この人、放火犯のくまえりと根本は同じような気がします。
いつも主役でありたい、1番でありたい。でも現状は・・・[:もじゃもじゃ:]という感じ。

彩香ちゃんは鈴香被告が彼氏を連れてきている時は家に入れてもらえず外で時間をつぶし、お腹が空くと小銭を握り締めてカップ麺を買いに行き、お湯がないからとそれを生のままかじっていたそうです。
このニュースを聞いた時私は泣きそうになりました。

うちの母は今でこそ加齢による疲れでグダグダですが[:苦笑い:]
兄と私が小さい頃はすごく頑張ってました。
自分は食べられなくても家族、特に子供にはいいものを食べさせたい。
ひもじい思いなんて絶対にさせたくないという人なのでこんな事考えられないのです。そういうのが重く感じる時も多々ありましたが[:くす:]感謝のほうが大きいです。

連日鈴香被告の非道ぶりが報道されてます。
ころころ変わる供述の中「私が橋から突き落とした」と発言。これが本当は事故だけど、ひどい母親だったから自分が殺したようなものだという意味で言っているならいいのになと望むのは無駄なことでしょうか[:がっかり:]

毎日楽しいことばかり考えててもいい年齢にどんな時も味方であるべき親に虐待されたうえに、たった9歳で人生を終わらされた女の子。不憫でなりません。
comments (0) : trackbacks (0)

Comments

Comment Form


Trackbacks