<< Kabu's Friends直しました! :: MAIN :: 探し物は何ですか? >>

あなたを待っている仔がいる

昨日、ニュース番組NEWS ZEROで準ミスユニバース 知花くららさんが動物管理センターを取材しているのを見ました。

福岡のセンターだったと思います。そこではワンコの命は3日。3日経って飼い主が迎えに来なかったり、里親が見つからなかった場合は殺処分となります。
どういう風に処分されるかがセンター内の機械を動かして生々しく伝えられました。

カブがいた動物管理センターは頭数が少ないうえに譲渡制度を始めて2、3年だそうで、短期間で処分することはなかったのですが、もしかしたら・・・と頭をよぎります。

カブを飼うことになる前に知り合いの獣医さんに探してもらっていたジャックラッセルテリア。母上がセンターに行かなければジャックラッセルが我が家の2代目になって、カブは・・・って[:青ざめ:]

ジャックラッセルは本当に飼いたかったのですが、今ではペットショップで見かけても「[:?:]カブのほうがかわいいよなー[:ハート5:]」と親ばか満開[:!:]そんなもんなんですよ。
犬種が何であっても犬と始まる新しい生活には大きな違いはないと思います。
(確かに当初は勝手に申し込んだ母上に激怒しましたが、探してくれていた獣医さんに迷惑をかけたことを怒っていただけですから。誤解なきよう・・・。)

番組内でもありましたが、どうしようもない事情で手放さなきゃならなくなったとしても最大限の努力をして欲しいです。
手放さない方法を必死で考えてどうしてもダメなら、親・兄弟・友人・知り合いetcにもらってくれないか聞いてその人達にも他に聞いてもらって・・・。
でもどれだけ努力をしても絶対に足りませんよ[:!:]自分たちを許してはいけませんよ[:!:]
ワンコ達は当日になっても捨てられるなんて思ってないし、捨てられた後もきっと飼い主さんを信じてると思います。
努力したから許してもらおうなんて思わないで下さい。

出来ることなら処分を頼んでくる人達には自分で機械のスイッチを押すよう義務付けて欲しいです。「あなたが殺してるんだ[:!:]」という自覚を植えつけてほしいです。

センターの職員さんには獣医さんもいます。働いているからといって決して認めているわけではないんです。

今でも覚えているのはカブを連れてきたセンターの職員さんのほっとした顔。初めてカブが我が家にやってきた時、玄関に上がったカブが私の足の下に潜り込んできました。怖くてとった行動だったと思うのですが、私がナデナデしたので少し安心してくれたようでそのままピッタリくっついて座り込んだんです。
それを見た職員さん3人全員が「大丈夫そうですね[:♪(レッド):]」とほっとした顔をされたんです。

その表情でみなさんがワンコが好きなのは分かるし、カブを大事にしてくれていたのも分かります。たった6ヶ月一緒にいただけであんな表情が出来るのに、何年も一緒に生活していた飼い主が簡単に手放してしまうなんて、なんなんでしょうね。

どうか飼う前によく考えて欲しい。ワンコは赤ちゃんと変わりません。身の回りのことをするのは飼い主です。
小さいお子さんがいるご家庭で出来ますか?共働きのご家庭で出来ますか?

決心がついたあとは是非センターを覗いてください。
子犬もたくさんいます。しつけ等のサポートもしてくれます。何よりあなたを待っていますよ。

と、いろいろ書いたけど寂れたサイトじゃ効果ないかな[:ショック:]
comments (2) : trackbacks (0)

Comments

ユキ母 ユキ姉 ... 2006/12/10
本当におんなじ気持ちです。[:!!:]
県の愛護センターもまた10ぴきの仔犬たちが新しい飼い主を待っています。この子達も幸せになれますように[:ハート:]
凉 ... 2006/12/11
いつの日かセンターが必要なくなればいいんですけどね[:ほっとした顔:]
ユキちゃんはいいお家にもらわれて幸せです。お姉ちゃんもちゃんとお散歩行ってくれるし。

私は先代犬ハムさんの時に親に任せてちゃんとお散歩に行かない時期があったので今更ながら反省してます[:大泣顔:]だから余計に「ちゃんと面倒見れますか?」って言いたくなるんです。

犬好きな大金持ちと結婚するか、年末ジャンボ当てて全部面倒見たいっ[:!:]
・・・どちらも確率は同じくらい低い気がするけれど[:よろこび:]

Comment Form


Trackbacks