<< お注射シーズン! :: MAIN :: 女好きなオトコ >>

ペットフード、リコール問題。

1ヶ月ほど前、何度か利用したことがあるネットショップからメールが来ました。
いつものDMかと思いきや衝撃の内容[:あせあせ:]

3/18 アメリカでペットフードの
 大幅なリコールが発表されました。


 (以下、CNNニュースより)

 カナダのペットフード大手メニュー・フーズは17日、
 北米向けに昨年12月3日から今年3月6日までに出荷した、
 イヌやネコ向けのペットフードをリコールすると発表した。米国で、
 同社のペットフードを食べたイヌやネコの腎不全が相次いで報告され、
 約10頭が死亡したためとしている。


 リコール対象となっているのは、
 49銘柄のドッグフードと41銘柄のキャットフードで、
 米小売り大手ウォルマートなどのブランド名で
 発売されている6000万個に達する。

 リコール対象の製品にはすべて、
 新しい供給元から購入した小麦グルテンが含まれているという。


 腎不全などに陥ったイヌ、ネコの総数は明らかになっていない。
 また、同社の製品とペットの疾患に、
 直接的な関連があるかどうかも分かっていない。
 しかし、同社の親会社メニュー・フーズ・インカム・ファンドは
 「何が起こっているのか、把握できていない」として、
 大量リコールに踏み切った。


 メニュー・フーズ社は米食品医薬品局(FDA)にリコールを報告。
 FDAは、同社工場への立ち入り検査などに着手した。
(以上 帝塚山ハウンドカム楽天市場店からのメール本文を引用)
これを見ると説明が少々不親切[:がいこつ:]なので、私が調べた内容も書いておきます。

上記にある期間中に製造されたペットフードに使われている小麦グルテンにメラミン(樹脂材料)というものが混ざっていたのが問題のようです。
当初リコール対象となったペットフードは49銘柄のドッグフードと41銘柄のキャットフードでしたが、今はドッグフードが54銘柄、キャットフードが47銘柄です。

詳しくはこちら。
リコール対象 ドッグフード
リコール対象 キャットフード

これを見るとカブが食べているニュートロのナチュラルチョイスもリコール対象です。ですが、カブのは国内正規品。対象外でした[:ニコッ:]
国内流通品と米国内流通品とは内容が違うのです。リコール対象銘柄のフードを食べさせている飼い主さんはまずどちらを買っているか確かめてくださいませ。

その上でそのフードの販売元のHP等で国内流通品は大丈夫か確認してください。ニュートロの場合、国内流通品でも缶詰のものはリコール対象となっていて回収・返金をしているそうです。
ニュートロ国内総販売元 レッドハート(メニュー・フーズ社のリコールを受けて
ウエット商品 自主回収のお知らせ)

このリコール問題を詳しく載せてくれているサイトを紹介しておきます。

犬ニュース01(上部メニューの[海外情報]から見られます。)

これを見るとロイヤルカナンもリコールされてます。塩素の安定化剤として使用される化学物質、シアヌル酸が検出されたとか。

とにかくまずはフードのパッケージの表示の確認を[:!:]
comments (0) : trackbacks (0)

Comments

Comment Form


Trackbacks