<< やっと冬仕様。 :: MAIN :: 悪寒 >>

街に溢れる鈴の音

この間まで「あぢぃ〜、あぢぃ〜[:!:]」と言っていたのに、今は「さぶい、さぶい[:!:]」
月日が経つのは早いもんです。

12月になるとどこへ行ってもクリスマスソング。焼き鳥屋に行っても。
ねぎ身とジングルベルってどうなのよ[:?:]

ここから先、夢見る方は読まないで頂きたい。
クリスマスと言えば誰もが経験する真実を知る瞬間。
『いなかったんだ・・・正体はお父さんだったんだ[:ショボーン:]』

私も経験しました。7歳の頃に。

誕生日とクリスマスが近い私はいつ1つにまとめられて兄より損してしまうのか気が気じゃありませんでした[:あせあせ:]
でも両親も親戚もちゃんと2つに分けてくれたり、まとめたとしても兄より高価なものをくれたりしました。その点は嬉しかった[:星:]

しかし7歳のクリスマスの朝、その時はやって来ました。

朝起きてすぐに靴下を覗き込んだ。
「ちゃんと靴下ぶら下げといたのにぃ〜。サンタさん慌ててたのかなぁ[:?:]」なんて、その瞬間まではピュアでした[:スキ:]

そして枕元のプレゼントにやっと気付いた私。
プレゼントを握り締め、半泣きで朝ご飯を作っている母上のもとへ。

「サンタさん、プレゼントくれた[:?:]」
「サンタさんじゃないぃ〜[:!:]いないんでしょぉ〜[:クスン:]」

プレゼントは私の希望通り、キティちゃんのデジタル腕時計でした。トリコロールのゴムバンドにキティちゃんの形の時計がついていてフタを開けると液晶の文字盤が現れるもの。
「どしたん[:?:]欲しかった時計でしょ[:?:]」
「だって、だって箱に入ってない〜[:!:]リボン付いてない〜[:!:]」

そう、プレゼントはむき出しでした。厳密に言うとお店で見かけた時に入っていた半透明のビニール製の袋に保証書と共に入っていた[:あせあせ:]

サンタさんからのプレゼントのイメージって赤の包装紙と緑のリボンでラッピングされた箱。それをワクワクしながら開けるのが醍醐味。
それなのにむき出しで置かれたプレゼントを見た私は、欲しかった時計だった嬉しさよりもサンタさんはこんなことしない[:!:]いないんだ[:!:]という思いが勝ってしまったのです。

どうやら時計の時間が合わせといてやろうとラッピングをほどいた父が元に戻せなくなったのがむき出しの原因らしいのですが、保証書ぐらい抜いておけば良かったのに・・・。

これが私が迎えたその瞬間。

ラッピングされていなかったぐらいで信じなくなる子供もいれば多少のことでは揺るがない子供もいます。

兄の友達の小学生の時の話。
クリスマスが近づいた時、お母さんに呼ばれて部屋へ行くと1枚の広告を見せられ「サンタさんも不況だからこの中からお願いしなさい[:音符:]」と言われたそうです。
その広告はおもちゃ屋さんのセールの広告[:アヒャ:]
クリスマスの朝に選んだものが貰えたその友達は「みんなにプレゼントしなきゃいけないからサンタさんも大変だもんね[:ハート2:]」と疑ったりしなかったそうです。
ピュアすぎる[:!!:]

今年のクリスマスは連休明け。カブは何をお願いするつもりでしょうか[:?:]
comments (3) : trackbacks (0)

Comments

柿男 ... 2007/12/06
最近更新してなかったのでせっかくいただいたコメント気がつきませんでした[:あせあせ:]
ロイくんとマリンちゃんのお姉さんは私(柿男の家族の妹)の姉と友達なので1度聞いてみますね[:ハート2:]ロイくんとマリンちゃんとよく散歩するのは姉なので[:キラキラ:]でも受験生なので散歩もあまりいけてません[:あせあせ:]また西田公園で出会ったら声かけてくださいね[:ダッシュ:]
柿男 ... 2007/12/06
URLつけるの忘れてました[:あせあせ:][:汗:]
凉 ... 2007/12/11
柿男さん、いらっしゃいませ[:音符:]
ロイ君・マリンちゃんとはお母様がお散歩されている時によく会います。マリンちゃんは犬嫌いらしくベッピンさん台無しの顔で唸ってますよ[:あせあせ:]

公園でお会いした時はよろしくです[:星:]受験、頑張ってください[:!:]

Comment Form


Trackbacks